勝間和代さんの無料メルマガに私のコラムが掲載されました⑥~なるほど、「保険をかけてチャレンジ」すればいいんだ!なんと、起業と会社員の保険は同じ

勝間塾生のYukiです。

毎日発信されている勝間和代さんの無料メールマガジンに私の書いた塾生コラムが掲載されました。

今回は、思考の変化のおかげで働き方がベストになったことを書きました。

 

なるほど、「保険をかけてチャレンジ」すればいいんだ!なんと、起業と会社員の保険は同じ⁉

(Yuki、東京都在住、40代、採用コンサル会社代表/ 転職活動アドバイザー)

Kindle本、出版しました!

https://amzn.to/3CmbFPR

超保守的な私が、勝間塾に入って1番大きな変化は、

採用の仕事で起業をしたことです。

 

入塾3年目の事でした。

おかげさまで起業から丸3年が経ち、

会社員として働いてきた時よりも幸せな環境で仕事をしています。

年収アップもしています。

「評価してくれる企業で会社員をしているのがベスト」だと思っていた私が、まさか起業をするなんて、入塾前には予想もしていませんでした。

なぜ、超保守的な私が起業という一見リスクの高い事に挑戦したのでしょうか。

その道程は少し長いのですが、こういうことだと思います。

勝間塾では、あらゆる角度から「幸せになる方法」を教えてくれます。

その切り口は多様で、健康・食事・趣味・人間関係・仕事・お金などなどです。

そして、それらを通して幸せを目指そうとすると、

睡眠時間を増やし、働く時間を少なくし仕事の質を上げ、健康的かつ生産的な生活を目指すようになります。

 

すると、著者になったり起業する事が、

上記の生活を送れる働き方だと自分でも理解できるようになるんです。

 

そうして私のように起業をする人が出てくるんですね。

 

ただ、こういった変化は急には訪れません。

徐々に徐々に思考のブロックが外れ、自分が変わっていく。

それを促進する仕組みになっています。

 

そして、そうした変化を積み重ねていくと、

リスクが高く感じるチャレンジをしないと壁を乗り越えられない時が出てきます。

私の場合、それが起業でした。

 

そんな時のために勝間さんはこのようなメッセージをいろんなタイミングで発信してくれています。

「保険をかけてチャレンジするべし!」

 

そして何が保険になるのかもヒントを教えてくれます。

起業の場合の保険の1つは、

「起業に失敗したら会社員に戻れる市場価値がある事」でした。

実は、会社員時代の私の保険も、

同じく「多くの会社に雇ってもらえる市場価値」でした。

 

「いつでも会社を辞められる、会社が潰れても大丈夫」と思えるようにキャリアを積み上げることが保険だったのです。

 

まさか、「会社員を継続するための保険」が、起業にも役立つなんて目から鱗でした。

 

勝間塾に入らなければ、ずっと気づけなかったかもしれません。

 

また、私の会社員として積み上げてきたスキルと経験は、

起業した今の事業の売りになっています。

 

起業と会社員は全く別のキャリアルートだと思っていたので、

そこに気づけたことも大きな学びでした。

 

是非皆さんも、勝間塾に入って、私のような体験をしてみてください。

 

予想しなかった嬉しい変化があなたにも必ず起こりますよ。

 

ちなみに、「市場価値のある人材」になる方法ですが、

キャリア構築のスタートが遅かった私は、35歳くらいから市場価値ある人材になるために、どのようなスキル・経験を重ねていけばよいのか模索しました。

そうして、その方法を再現性のある形にまとめたのが「アイ・キャリアファインド」です。

https://yuki83.com/archives/784

ご興味のある方は、リンク先をご覧ください。

また、キャリア構築の道を模索する方法の一つとして、「やりたい仕事探し」をスマホ一つで簡単に始められる方法をKindle本に纏めました。

スマホ一つで転職活動なしで始める 「やりたい仕事の探し方」 https://amzn.to/3CmbFPR

ご興味がありましたら活用ください。 お役に立てたら嬉しいです。

不育症対策、第一弾は終了。私には効果なし。次なる手は?

不育症/超高齢(45歳)/橋本病 と三重苦妊活中のyukiです。

2020年は約半年間、主にコロナが理由で妊活休止。

2021年1月から不育症対策の主治医のY先生の治療法に沿って、移植後にプレドニンとバイアスピリンを飲んで妊活&不育症対策をしていました。

これが不育症対策 第一弾。(詳しくは別の記事で)

“不育症対策、第一弾は終了。私には効果なし。次なる手は?” の続きを読む

2019年、年に3回ばったり会った2人は運命の2人なのか

私の旦那は、とある有名人(最近テレビや雑誌によく出ている方)と小中学校の同級生です。

2人の故郷は中部地方、そんな2人が30年ぶりのお正月に道端でばったり会ったのは、東京の辺鄙な場所にある私の実家の近くでした。

“2019年、年に3回ばったり会った2人は運命の2人なのか” の続きを読む

健康って大事!を実感した日〜昭和大学病院 帝国ホテルのレストランを堪能しました

先日投稿した記事、病院で何かを受診して良いか解らない際のコンシェルジュサービスがあると良いなと感じた日

の検査結果を聞く日が来ました。

“健康って大事!を実感した日〜昭和大学病院 帝国ホテルのレストランを堪能しました” の続きを読む